デグー入門者必見「デグーの教科書」

デグーのはブルーとアグーチどちらが体が弱い?食欲と動きの速さは?

ブルーデグーは体が弱い

デグはゆです!

ブルーデグーは近親交配により血が濃すぎて体が弱いと言われています。

我が家ではブルーパイド、アグーチパイドの2匹を飼育していますが、2匹を比べてどちらが体が弱いか検証してみます。

また、食欲や動きの速さも比較するから語らせて!

デグはゆ

ブルーとアグーチの体を比較してみよう!
注意
デグーに関しての情報は「個体」によっては大きく変わります。
記事に書いてある情報が全て正解とは限りません。

ブルーの方がやや病弱

気づくことができない小さな体の変化もあるとは思いますが、明確に気づいた病気はブルーの方がやや多い結果となっています。

ブルーは中耳炎で耳から出血した時に1度、爪に菌が入り炎症した時に1度の計2回動物病院に診てもらっています。

一方、アグーチは病気にかかったこともなく、動物病院に連れていったこともデグー同士の喧嘩による怪我の時のみで、不可抗力を除くと病気は1度もしていません。

このことからも、「ブルーは血が濃く体が弱い」という話に信憑性があることがわかります。

食欲はほぼ同じ

我が家のブルーとアグーチでは食欲に大きな差はありません。

お互い同じ量のチモシーを食べ、ペレットの袋の音がすると嬉しそうに2匹で回し車を回します。

ティンクはチモシーが好き、しぃはペレットが好きという好みの差はありますが、食欲に差が感じられません。

動きの速さは圧倒的にアグーチが上

動きの速さや身体能力はアグーチの圧勝です。

ブルーでは飛び越えられない壁でもアグーチは平気で飛び越えます。

普段の行動を見ていると、ブルーは動きが遅くおっちょこちょいなイメージ。

スポンサーリンク

人に懐きやすいのはブルー?

個体差があるので一概には明言できませんが、性格がおっとりしていて人に懐きやすいのはブルー。

アグーチは野生色が残っているのか、警戒心が強く懐くまで時間がかかります。

我が家のしぃは警戒心がかなり強く、人見知りも激しく知らない人に対しては近寄らないし、ペレットすら受け取ろうとしません。

対照的にブルーは飼い始めすぐから人間に近づいてきます。

ティンクは知らない人に会おうとも自分から近づき、すぐに打ち解けることができます。

「我が家の場合」ということを前置きしていただいて、お迎え前の参考としていただきたい。

2 Comments

秒速更新ナックルズ

こんにちは、野生の時の警戒心が強く残っている場合はどのような生き物でも懐くのに時間がかかるのは同じですね

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA