デグー入門者必見「デグーの教科書」

デグーのお散歩の注意点!頻度と時間、部屋の対策まとめ

デグーのお散歩の注意点と頻度

デグはゆです!

デグーをケージ内に出してお散歩(部屋んぽ)させるとコミュニケーションが取れて楽しいです。

デグーのお散歩の注意点、頻度と時間を語らせて!

お散歩の開始時期はデグーが環境に慣れてから

お迎えしたばかりのデグーは新しい環境に慣れずに軽いパニック状態にあります。

かわいいデグーを見ていると「早くケージの外に出してお散歩させたい」と思ってしまうことは重々承知。

しかし、お散歩を開始させるのはお迎えから5日~7日後にしましょう。

新しい環境に適応できていないデグーをケージ外に出すのは今後の飼育に悪影響をもたらします。

環境に適応していないのに散歩をさせるデメリット

  • 驚いて家具の隙間や下に隠れて出てこない
  • ケージに戻すために追いかけて人間が怖い存在と認識する
  • ストレスが溜まる

お迎えしてからの数日間はデグーが環境に慣れたかどうか?をよくチェックしましょう。

チェックポイント

  • 手からペレットやチモシーを受け取ってくれる
  • 名前を呼んだら近寄ってくる
  • かまってアピールをしてくる
  • ケージに近寄ると警戒して離れないか?

以上のチェックポイントを満たしたら楽しい散歩を開始してよいサインです。

お散歩の必要性

デグーには散歩は必要です。

なぜ必要かというと以下が挙げられます。

  • ストレス発散
  • 運動不足解消
  • コミュニケーションを図れる
  • ケージ内を掃除できる

ストレス発散

デグーをどれだけ大きなケージで飼っていても、ずっとケージ内で過ごすとストレスが溜まります。

1日の大半をケージで過ごすデグーは外に出たくて仕方ありません。

適度なお散歩がストレス発散につながります。

運動不足解消

ケージ内にある回し車で走ってはいるものの、それでは運動不足に陥る可能性があります。

外で全力で走ったり飛んだり跳ねたりして運動不足の解消をさせましょう。

コミュニケーションを図れる

お散歩は飼い主とデグーの貴重なコミュニケーションタイムとなります。

膝に乗ってくるデグーをなでたり、手渡しでペレットやおやつを与えて信頼関係を深めましょう。

ケージ内を掃除できる

デグーはトイレを覚えることができないので、ケージ内のいたるところで尿や糞をします。

定期的に掃除をしないと汚れが目立ってくるので、デグーがお散歩しているうちに掃除をしましょう。

もちろん、掃除をしながらもデグーから目を離さないようにしてください。

お散歩時の注意点

デグーのお散歩の頻度と時間

絶対に目を離さない

お散歩中のデグーは部屋の中を縦横無尽に走り回ります。

気づいた時にはいつの間にか人間の足元にいる場合もあります。

また、飼い主が歩くと餌をもらえると勘違いして必ず後ろをついて回ります。

そんな時に目を離していると、デグーを踏んでしまう恐れがあります。

「尻尾を踏んでちぎれてしまった」という話をよく聞きますし、責任を持って怪我させることなくケージに戻してあげましょう。

スポンサーリンク

床に人間の食べ物が落ちていないか?

床に落ちている食べ物をデグーが食べてしまうと、糖尿病になってしまうリスクが高まります。

お散歩させる前にコロコロや掃除機で必ず掃除しましょう。

家具や電気コードを齧られないよう防止する

デグーは壁紙や机・椅子の足、電気コードのカバーなど、いたるところを齧ります。

特に1~2歳のデグーは好奇心旺盛で齧り癖がついてしまうこともあります。

我が家では齧られやすい箇所にプラスチック板を貼ってガードし、電気コードは齧って感電しないようにスパイラルチューブを巻く工夫をして齧られないよう防止策を施しています。

入られては困る部屋や脱走の防止

デグーのお散歩注意点

キッチンは特に食べ物が落ちている可能性が高いエリア。

このようなデグーに入られては困る部屋の入り口に、BBQ網で作った簡易扉を作りデグーに侵入されないようにしています。

お散歩の頻度は定期的に、時間を決めてルーティン化

お散歩の頻度は毎日がベストです。

1日ずっとケージの中にいてはストレスも溜まるしなんだかかわいそう(感情論)

毎日が困難ならば、「2日に1度」や「3日に1度」といったルールを設けて定期的に散歩をさせましょう。

そして、時間帯はいつも同じ時間にしてあげましょう。

我が家の場合だと、朝のケージお掃除中に1度、夜にペレットをあげながらもう1度と1日2回のお散歩タイムを設けています。

お散歩させる時間はだいたい15分程度。

同じ時間帯のお散歩を毎日繰り返すことで、知能が高いデグーは体でお散歩する時間を覚えます。

「今日は出すけど明日は出さない」といった気まぐれなお散歩は絶対厳禁で、余計にデグーにストレスを与えてしまうので止めましょう。

頻度をバラバラにすると、お散歩したい気持ちがより強くなりケージになかなか戻ってくれなくなるなど問題が生じます。

MEMO
お散歩はルールを作って定期的に!

まとめ

お散歩はデグーにとってストレス発散や運動不足の解消になりますが、人間にとっては癒しや気分転換になります。

注意点をしっかり守って快適なお散歩をさせてあげましょう!

2 Comments

秒速更新ナックルズ

時間を決めて散歩させると良いのですね、そうすると自然と人間の生活パターンに馴染んで来るのですね

返信する
hayuma

そうですね、人間の生活パターンと同じく生活してくれるのがデグーの良いところです

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA